勤務医開業つれづれ日記・3

マンガや書籍、クリニック開業関係について書いてます。「院長の漫画カルテ」http://www.manga-karte.comで【速報】中!

【感想】『やがて君になる(4)』仲谷 鳰 (著) このままでいたい。このままではいられない。この気持ちはどこに行けばいい?【マンガ感想・レビュー】

(2017.06.28更新)

 

 

『やがて君になる』4巻出ました!

4巻では生徒会劇の練習が始まります。本番に向けていろいろとありそうな予感の4巻でした。

 

橙子先輩はお姉さんの完璧なイメージに自分を重ねようとしますが、お姉さんの知り合いに二人は全然違うと言われてしまいます。

 

体育祭が終わってから侑ちゃんの心境にも微妙な変化が起こります。微妙な二人の関係が生徒会劇で少しずつ変わっていきます。「好き」を持たない侑ちゃんが変わることで、きっと橙子先輩との関係も変わってしまうに違いありません。周りを巻き込みながら生徒会劇の準備は進んでいきます。おすすめです!

 

 

 

続きを読む

【感想】『幸福の「資本」論―――あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」』橘 玲 (著) 人は幸福製造機というブラックボックス

橘玲先生の『幸福の「資本」論』読みました! 

なかなか面白い本でした。幸福になるには「金融資本」「人的資本」「社会資本」の3つがインフラになる、そしてその組み合わせで2x2x2の8通りのライフスタイルがある、ということです。

 

資産運用の教科書をみているような幸福論です。『アランの幸福論』『ラッセル幸福論』とは全く異なります。自分たちはどのように人生設計をするべきなのか。お金や友人、スキルアップなどをどのように注力するべきなのか、大変考えさせられました。

 

橘玲先生の著書は読ませます。引き込まれて1日で読みきりました。人生に対する見方が変わるかもしれない一冊です。すごいおすすめです!! 

 

 

 

 

続きを読む

【感想】『青野くんに触りたいから死にたい(1)』椎名うみ (著) 純粋で、切なくて、そして狂う。恋って一体なんだろう? 【マンガ感想・レビュー】

『青野くんに触りたいから死にたい』1巻出ました!

第一話が衝撃的でしたね。読んで引き込まれてしまいました。

 

優里ちゃんと付き合いはじめて2週間で青野くんが死んでしまいます。死後、優里ちゃんだけが青野くんの幽霊が見えます。たとえ幽霊になっても優里ちゃんは青野くんが好き。でも幽霊の青野くんは優里ちゃんを侵食していきます。幽霊の話なのでちょっと怖い。

 

登場人物みんなの幸せになるための出口が見当たりません。みんな、どうなったら幸せになるのでしょう?なかなか読ませるお話です。おすすめ!

 

 

 

 

続きを読む

【いまさら】Office for Mac 2011再ダウンロード方法: DVD ドライブのない Mac へのインストール方法【Office for Mac 2011】

みなさんお元気ですか?6月はやはりめちゃくちゃ忙しいです。鼻血出そうなぐらい。

 

今回はなぜかmacにOffice for Mac 2011を再インストールするという案件が発生しましたので備忘ログ的に載せておきます。

 

ネットで探したけど、あんまりいい情報がありませんでした。まあ、古いから当たり前だと思います。でも、ちゃんとOffice for Mac 2011を再ダウンロードする方法はあります。同じことで困っている方に参考になりましたら幸いです。一番困るのは多分、未来の自分だと思いますけどね。 

 

 

ちなみに今のOSはmacOS Sierra 10.12.3です。これでもOffice for Mac 2011は元気に動いています。

 

 

 

  • 以前のバージョンの Office をダウンロードする
  • Office for Mac 2011インストーラー
  • 使用許諾契約
  • 標準インストールとカスタマイズ
  • インストール開始
  • インストール終了
  • Office for Mac 2011の開始方法

 

続きを読む

【HPVワクチン】2000年度生まれ以降は子宮頸がんから守られない? HPVワクチン実質ストップの影響

HPVワクチンが事実上ストップしたままです。 

現在世界130カ国以上で承認され、60数カ国において公費助成による接種が行われているのに、日本では弱い科学的根拠に基づく訴え(WHO)でHPVワクチンが排除されています。

 

女性を守るために男性でもHPVワクチンを打とうという国際的な流れもあるのに、異常なほど

日本だけがワクチン嫌い、ワクチン=悪

という図式になっているのはなぜでしょう?

 

 

……おっと、ブログにクレームつける前に、記事を最後まで読んでください。

 

毎回言いますけど、この種の記事はクレームが大量にきます。でも、当ブログは「科学的にお話ししましょう」というスタンスです。感情論ではなく科学的、統計学的なお話しをしていただけましたら幸いです。

 

続きを読む

【感想】『徒然チルドレン(8)』若林稔弥 (著) だけどまだ、君に届く途中【マンガ感想・レビュー】

ありとあらゆることが中途半端になりだしてきた6月ですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。現時点でうちは1年間の中で一番忙しい時期の一つを迎えております。我々の仕事にも季節性があってピークもあればボトムもあります。今回はピークを迎えておりまして、ほぼ毎年6月と12月に二峰性のピークを描きます。患者さんがいっぱいきてくれるのは本当に嬉しいことなのですが、反面本当にきつい。患者さん一人一人が色々な症状を持って受診されますので、気を抜かずにミスのないように診療を行っています。わかりやすく言うと、毎日が本番のセンター試験を受けているような感覚です。外来はすごい神経の集中が必要で、終わったら魂が抜ける感じです。ちなみに二峰性が変換されなくて非常に苦労しました。二峰性ごときが変換されずに本当に医師のPCか。

 

ということで、本当はこんな感じで10ページぐらい延々とクダを巻いてきたいのですが、そうなるとなんだかよくわからない呪いのブログのようになってしまいますのでいつものように話を進めたいと思います。6月はお中元の発送手続きや、設備投資の関係手続きの書類や、夏の時期の地域の時間外当番の話とかいっぱいやらなくちゃいけないことがあります。おまけに医療事務も一人辞めるし。……いかん、また長文の海に飲み込まれそうだ。気分を変えて漫画を紹介しますか。

 

 

 

 『徒然チルドレン』8巻出ました!

いよいよテレビアニメも7月4日からスタートです。色々と期待です。さて、8巻は体育祭&修学旅行です。

 

それよりも表紙にびっくりしたね。東條さんと荻上くんじゃん。7巻までの油が切れたロボットのような東條さんの動きからはこの表紙は想像できなかったね。ハイタッチしてるじゃん、オギと。

 

8巻もみんなドキドキで、すごいよかったです。かなりおすすめでした!

 

 

続きを読む

【感想】『寿司 虚空編』巨大数マンガ ついに販売決定! 天文学的な数字、って小さいよね!!

巨大数についてのマンガ『寿司 虚空編』がついに発売されるという情報が出ました!

まじか。このマンガに需要ってあるとは思いませんでした。いや、世界的には数学マニアに受ける可能性はあるな!アメリカのKindleとかで英語出版したらロングヒットしそう。

 

この世の中で一番巨大なものを取り扱っているマンガです。よく大きな数字の事を「天文学的な数字」って言いますけど、全然そのレヴェルの数の大きさじゃありません。

天文学的な数字って、小さいっ!

っていうマンガ。第1話からグラハム数でチェーン表記レベルですから、すでに頭おかしいレヴェルです。言っている意味がわからなくても大丈夫。管理人もわかっていません。

 

とにかく、ごく一部の好きな人だけのぞいてみてください。かなり

ブチ切れた巨大数

についての考え方が寿司を舞台に描かれています。ただただ巨大な数を表現したいという狂った人々のマンガです。しかも、巨大数研究はまさにリアルタイム。管理人は大好きです。発売の8月が待ち遠しいですね!

 

  • 『寿司 虚空編』という巨大数マンガ
  • 巨大数について
  • 数の一覧 
  • 関連書籍 
  • まとめ

 

f:id:med2016:20170618213258j:plain

続きを読む

【感想】『熊西美術部らふすけ先輩(1)』おにお (著) あなたがなぞる、私のライン【マンガ感想・レビュー】

『熊西美術部らふすけ先輩』 1巻出ました!

あらやだ、なにこれ。すごくいいんじゃない?試し読みしたら「あ、これキタ!」と直感的に思いました。

 

絵のモデルと画家の関係って、一種独特ですよね。自分の体を見られて、感じて、そして画家の感覚で自分のラインが変換されていくって、完全に受け身。 なされるがまま。

 

で、恵ちゃんもすっかり受け身を取らされちゃいます。ケンカっ早くて、タイマン好きなヤンチャな女子高生が、毎日2時間じっと絵のモデルをするのです。しかも年下の美術部員に口説かれまくりながら!

 

「攻め」が「受け」に回ったシチュで意外と自分が「受け」だったとか、そういう感じの素晴らしさがある作品ですね。特殊な作品だと思いますけど、これはオススメです!

 

 

 

続きを読む

【感想】「世界文学大図鑑」ジェイムズ・キャントン (著), 沼野 充義 (監修), 越前 敏弥 (翻訳) なにこの本、すごい楽しいんですけど。

 「世界文学大図鑑」読みました!すごく楽しかったです。

 

紹介系の本って現代だけとか古典だけとか偏りがあるか、教科書的な紹介だけになるコトが多いと思います。でも、この本は今でも読んで楽しい本が多く紹介されているとおもいます。

著者と単に趣味が似てるだけかもしれませんが、

それって大事ですよね。

 

古今東西の文学作品をまとめて100+200編紹介するというなかなか面白い本です。池澤夏樹=個人編集 世界文学全集【全30巻】とか好きな人には絶対的にオススメできる本だと思います。

 

世界文学で面白いのある?というときにこの本が手元にあったらすごい楽しいと思います。自分なら後ろの現代の方からめくっていって、ピンときた本を読んでみたいです。マニアックな読書家にはすごいオススメです。 

 

続きを読む

【特大セール】ラストスパート!50%ポイント還元 スクウェア・エニックス フェア【50%ポイント還元!!】(更新あり)

(2017.06.14更新)

 

 

うひょう!スクウェア・エニックス フェアがラストスパートです。

期間は2017年6月15日(木)まで。こんなこと滅多にありませんから、見逃すなよ!

f:id:med2016:20170610005617p:plain

 

あー!実本なかったら絶対に『ホリミヤ』買ってるな!

『ばからもん』15巻は6月12日に発売したばかりなのにポイント還元対象になってます。マジ!?

めいびい先生の『結婚指輪物語』とか、実質1冊300円かよ(ゴクリ)→やっぱり買った。

『無能なナナ 2巻』『qtμt キューティーミューティー 2巻』とか出たばっかりなのにいいんでしょうか。最高ですね。

あー!『ACCA13区監察課』も『魔法少女特殊戦あすか』も半額だ。

『鋼の錬金術師』全巻なら5000円以上バックされますね。信じられません。

こんなの滅多にありません!とにかく急げ!!

 

 

[まとめ買い] ホリミヤ(デジタル版Gファンタジーコミックス) Kindle版
著者: HERO, 萩原ダイスケ 

10冊すべての本を購入 ¥ 6,069 (税込)
Amazon ポイント: 3039ポイント(50%)

続きを読む

【感想】『ライアーバード(3)』 脇田茜 (著) それはまだ恋とは呼べない……。【マンガ感想・レビュー】追記:脇田茜先生からコメントいただきました!!

『ライアーバード』3巻出ました!

これ、すごい、すごい!しびれた!!

音楽を平面に表現するってすごいことだと思いますけど、脇田茜先生の表現の仕方はオリジナリティあふれています。音がこんな形している、って感じることができるすごい作品です。

 

とくに3巻ラストがいいです。なので、ぜひ3巻まで読んでみてほしいです。ハートに直撃するタイプの作品なので、万人受けする作品ではないと思いますがハマったら最高にすごい作品だと思います。これはオススメ!

 

 

続きを読む

【便利】Google先生「漫画 おすすめ」がおすすめできないから、素晴らしい漫画に出会える方法を勝手にまとめた(更新あり)

(2017.06.11更新)

 

 

 

「院長の漫画カルテ」の管理人です。面白い漫画ってないかな?と思ったらなに調べます?

 

やっぱりGoogle先生に聞くよね?

「漫画 おすすめ」って?

 

→実は、これが役に立たないんだな。

 

f:id:med2016:20170430002033j:plain

続きを読む

【速報】【70%OFF】ぜ~んぶ1巻完結フェア 20作品が162円均一! 『長い道』『四月馬鹿』『Say,good-bye』『結んで放して』『男子高校生とふれあう方法』『女の子が死ぬ話』など【セール】

双葉社1巻完結作が162円セールです。 セール対象は20作品のようです。主なものをあげてみました。

 

 

長い道 (アクションコミックス) Kindle版
こうの史代 (著) 

Kindle 価格: ¥ 162  

続きを読む

【感想】『ぼくたちは勉強ができない 1』筒井大志 (著) ジャンプのラブコメ史を変えるか?【マンガ感想・レビュー】

(2017.06.24更新あり)

 

 

『ぼくたちは勉強ができない』1巻発売されました!

あまりに売れすぎて、実本が足りなくなって電子書籍を緊急発売という、ジャンプでも驚異的な展開になっています。やるな! 

 

もうすでにジャンプラブコメ一強の時代は終わった!

いままで数多くのラブコメがチャレンジしては撃沈していったジャンプ。現時点でのジャンプのラブコメ王者は『ゆらぎ荘の幽奈さん』です。ラブコメ一強説は多くの読者を巻き込んで、ラブコメ打ち切りがあるたびにラブコメ一強読者の安堵と、新たなるチャレンジャーへの期待が高まっていました。

 

そこに登場したのが『ぼくたちは勉強ができない』ですよ!できることなら『ゆらぎ荘の幽奈さん』と一緒に新ラブコメ二大巨頭時代を作って欲しい!

 

でもダメならやはり倒すしかない、あのお色気満載でハーレム完備、ラッキースケベの覇王『ゆらぎ荘の幽奈さん』を!!

 

『ぼくたちは勉強ができない』はジャンプ本誌もすごいいい感じで進んでいて、現状かなり期待な訳です。雑誌派の人もコミック派の人もぜひ注目してもらいたいオススメの一作です! 

続きを読む

【感想】『幼女戦記 (6)』東條 チカ ノルデン迎撃戦&冬季攻勢、何一つ希望していないのに最前線!【マンガ感想・レビュー】

『幼女戦記』6巻出ました! 

ターニャ・フォン・デグレチャフ少佐、25年物のワインは楽しめましたか?

 

鳥肌ものの、素晴らしい6巻でした!前半の北方前線でのいきなりの迎撃作戦は痛快でした。そして後半は作戦会議。

 

『幼女戦記』での最大のおもしろさは何と言っても

会議!

 

……なに言ってるんだこいつ?

と思われるかもしれませんが『幼女戦記』の作戦会議のおもしろさは異常。表向きの発言と裏に隠れている意図が透けて見えるのが最高です。

 

戦争狂と思われているデグちゃんが保身のために適切で安全な意見を言っても、全て自分の意図とは別に烈火のごとく最悪の現場に叩き込まれれます。嗚呼、悲しきジャパニーズ・ビジネスマン(デグちゃんは日本の中間管理職の生まれ変わり)。

 

とにかく最狂で最高でした。 関係者の皆様、3ヶ月連続刊行、お疲れ様でした!!

 

ダキア軍での功績が評価されてしまい、再び前線に返り咲く(?)こととなったターニャ。レルゲンや部下達とのすれ違いもますます加速!

続きを読む