勤務医開業つれづれ日記・3

おすすめ漫画8割、ライフハック2割の院長ブログです。

【国民年金】お得な国民年金の払い方【開業医が個人事業主の資産形成を考える(6)】

法人化していない開業医を含めた自営業の方やフリーランスの方は国民年金に加入していると思います。 

 

どうやったらオトクに国民年金を支払うことができるでしょう?

 

いくつかポイントがあります。

  

・現金やクレジットカードよりも口座支払いにする。

・毎月払いでも早割にする。

・前納する。2年前納が一番割引率が高い

・夫婦なら、1年ずらすと2年前納でも1年前納と同じ支払額になる 

 

実は国民年金は前納するとかなりお安くなります。最大4%、1万5千円以上の値引きすることが可能です。もしも毎月払いであっても、1ヶ月ずらして早割にすると毎月50円ずつ割引が来ます。

 

知っていましたか?この制度は知らないとかなり損をします。

 

目次

 

以下は口座振替の場合です。現金払いとカード払いは口座振替より割高(割引率が低い)のでここでは取り上げません。

 

1.早割 毎月50円割引

f:id:med2016:20190430064141p:plain

毎月50円割引です。払うお金が毎月払いと同じなのに、50円ずつ割引になりますからやらないと損です。ただし、初回だけ2ヶ月分の振替が必要です。

 

年間では600円のオトクです。

 

年間割引率は、

(50 x 12) ÷ 196,920 = 0.30%

となっています。

 

 

2.6ヶ月前納 1,120円割引

 

f:id:med2016:20190430112739p:plain

6ヶ月で1,120円割引の割引です。1年あたりだと2,240円割引になります。1ヶ月あたりだと約187円です。

 

年間では2,240円のオトクです。

 

年間割引率は、

(1,120 x 2) ÷ 196,920 = 1.14%

となっています。

 

 

 

3.1年前納 4,130円割引

 

f:id:med2016:20190430112849p:plain

1年間前納で4,130円割引になります。1ヶ月あたり約344円の割引になります。

 

年間で4,130円のオトクです。

 

年間割引率は、

4,130 ÷ 196,920 = 2.10%

になります。

 

 

4.2年前納 15,760円割引

 

f:id:med2016:20190430112938p:plain

 

現時点では2年前納が一番割引率が高いです。2年間で15,760円ですから、1年あたりでは7880円割引です。1ヶ月あたりでは約657円割引です。

 

年間で7.880円のオトクです。 

 

年間割引率は、

(15,760 ÷ 2) ÷ 196,920 = 4.00%

となっています。

 

毎月の早割に比べると月50円と月657円ですからだいぶ違います。

 

 

注意:カード支払い

ちなみにカード払いは現金支払と同じ扱いになります。2年前納でも14,520円ですから 

 

15,760 - 14,520 =  1,240円

 

と1,240円割引が下がってしまいます。ポイントがその分つくならカードもありです。カードのポイント率をよくチェックしてみてください。

 

 

5.夫婦支払いなら1年ずらすと2年前納でも1年前納と同じ支払額になる 

 

国民年金の前納を夫婦で支払うとしたら、一体どのくらい金額が必要でしょう?2年前納だとかなりな金額ですよね。

 

1)夫婦1年前納の場合

192,790 x 2 = 385,580

 

2)夫婦2年前納、同時支払いの場合

379,640 x 2 = 759,280

 

1年前納だと38万円台です。2人で2年前納だと76万円近くかかります。

 

 

もし毎年これだけ払えるのなら、毎年交互に2年払で夫→妻→夫→妻→夫→妻→……と払っていくのはどうでしょう?家庭的には毎年支払いで、しかも個人では2人共2年前納になりますから、次のような3)を考えてみましょう。

 

 

3)夫婦2年前納、スライド支払いした場合

最初だけ夫が1年前納で妻が2年前納になります。2年目に夫を2年前納に手続きします。すると入れ替わりで毎年38万円弱を支払うことになりますが、夫婦2人とも2年前納扱いになり、割引率もぐっと上がります。

 

1年目

夫1年前納 192,790

妻2年前納 379,640

 

2年目

夫2年前納 379,640

妻2年前納 支払い済み

 

3年目

夫2年前納 支払い済み

妻2年前納 379,640

 

4年目

夫2年前納 379,640

妻2年前納 支払い済み

 

以下、繰り返す 

 

このやり方のキモは、夫婦で1年ずらして支払うということです。同じ金額ですが2年毎に76万円近くを払うのと、毎年38万円近くをはらうのとでは負担度合いが少ないと思います。もちろんキャッシュフローが十分にある方は気にしないでドンと払ってください。

 

 

まとめ

国民年金は前納制度が本当に優れています。2年前納の口座振替で一番その力が発揮されますので、可能な方はチャレンジしてみてください。

 

もしも夫婦で国民年金に入っている場合、2年前納するつもりなら1年ごとにずらすのも手だと思います。割り引きは2年割ですが、出金は夫婦交代で毎年支払いです。工夫するだけで割引率が2.1%から4.0%にほぼ2倍、年間で4,130円→7.880円になります。

 

自分でも実践していますが、一度手続きをしてしまえばあとは全く考えなくていいのでオートマチックに一番の割引をしてくれています。

 

 

こんな記事書いています。

kaigyou-turezure.hatenablog.jp

kaigyou-turezure.hatenablog.jp

 

 

リンク

(1) 平成31年度における国民年金保険料の前納額について 

https://www.mhlw.go.jp/content/12512000/000470047.pdf

f:id:med2016:20190430063807p:plain

 

(2) 国民年金保険料の納付は口座振替での前納・早割が便利でお得です! 

https://www.nenkin.go.jp/pamphlet/seido-shikumi.files/LN05.pdf

 



 

 

 

ご参考になりましたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2016-2019 kaigyou-turezure All Rights Reserved.