勤務医開業つれづれ日記・3

雑記ブログです。マンガや書籍、医療関係について書いてます。

【感想】『うたかたダイアログ 2』 (花とゆめコミックス) 稲井カオル (著) 笑った!青春浪費系な微炭酸ラブコメ【マンガ感想・レビュー】

『うたかたダイアログ』2巻出ました!

 

1巻も最高でしたが2巻でもまたまた楽しませてくれました。いいな、この二人のコンビネーション。金髪エセヤンキーの片野くんと、おとぼけ宇多川さんの等身大な平々凡々な高校生活です。基本は同じアルバイトでの無駄な会話だらけ。

 

なにかスペシャルなことがあるわけでもない日常のアルバイトでの天然ボケツッコミコンビの掛け合いです。でもこれが楽しいんだな。おたがいにボケとツッコミがテンポがいいのと、宇多川さんがときどき片野くんのボケを拾わないのがまた笑えたりします。

 

まあ、客観的に見たら、

お前らまだ付き合っていないのか?気づいてもいないのか?

という微炭酸なリア充な高校生活ですよね。「花とゆめ」もとんでもないかくし玉を出して来ました 。このテンポは少年漫画好きな人に、っていうか特に男子にすごいオススメです。

 

 

 

 

 

 

 稲井カオル先生のブログでは

”本編に制服はほとんど出てきませんが、表紙だけ学園ラブコメみたいにしてみました”

「俺マン2017」&2巻表紙。 | 171号室

というお話です。作者からして表紙詐欺かよ!ラブコメやる気がねえw。ラブがコメたい片野からしたら一事が万事かわいそうすぎます。 

 

 

「花とゆめ」だけどラブはコメてなかった

f:id:med2016:20180122011517p:plain

と思ったら大間違いです

 

(『うたかたダイアログ』1巻より)

1巻の出だしからこんな感じ。 てんでラブがコメてません。

 

「花とゆめ」って「暁のヨナ」「贄姫と獣の王」「コレットは死ぬことにした」とかが有名どころだと思いますが、「ねこ男子 ニャンキーハイスクール」とかもやっているし(2月新刊予定)なかなか底が見えないといいますか、ふところが深いといいますか、あなどれねぇ。

 

 

宇多川さん

f:id:med2016:20180121104909p:plain

聞いたそばからパーティ開けかよ……

 

宇多川さんは比較的貧乏。本人はエコでロハスと言っています。そしてドリンクバーにうるさくて、モンゴル伝統のホーミーができます。

 

1年前に黒髪でバイトの面接に来た片野くんのことをかっこいいと思っていたようですが、金髪になった片野くんとは別人と思っています。すでに遠い記憶になっておぼろげ。

 

片野くん

f:id:med2016:20180121104923p:plain

宇田川さんは戦国武将か何かなの?

 

片野君は父親が再婚して、ちょっと家にいづらい高校生。金髪にしているけどケンカもカラオケも苦手なエセヤンキーで、実は黒髪だとちょっとハンサム。でも自分では気づいていない。現時点では宇多川さんといい雰囲気になるのを目指していますが、そうは問屋が卸しません。

 

 

 

想像の片野さん 

f:id:med2016:20180121104733p:plain

宇多川さんの妹のたまみちゃん登場です。生徒会役員もやっている真面目な中学生。職場体験で宇多川さんの働くドラッグストアに職場体験で行くことになりました。

 

お姉ちゃんの会話では片野は、料理教室に行ったり、パンケーキ食べに行ったりしているので、たまみちゃんにはすっかり女の子だと思われています。

 

実際の片野

f:id:med2016:20180121104748p:plain

職場体験にきたたまみちゃんは、実際の片野をみてびっくり。うわー、金髪だしリアクション、想像つくわ。 

 

結局、宇多川さんは片野君のことは”ああみえてもいい人”とか、一切なにもたまみちゃんにフォローしなくて終了でした。ここらへんが『うたかたダイアログ』っぽいです。宇田川さん、拾ってやれよ。 

 

おじいちゃんの名にかけて 

f:id:med2016:20180122013412p:plain

第13話と14話は”クッキー事件”と”焼き芋消失事件”です。ついでに”謎の黒髪美少年問題”もでてきました。片野くんは一瞬、黒髪だったんだ。

 

関係ないけどこのシーンみてなぜか「それ町」 思い出しちゃいました。『うたかたダイアログ』で探偵路線も楽しいかも。

 

まとめ 

というわけで、なかなか笑わせてくれました。二人ともなかなか破壊力ありました!片野くんと宇多川さんの天然ボケツッコミの感じが現実の高校生っぽいです。

 

でも、実際の高校生なんてもっと平々凡々でイベントなんてないです。経験者は知っているから間違いない。宇多川さん&片野君レベルでも、うらやましいことこの上ないです。しかも鈍感な宇多川さんもほのかにラブがコメているようなコメていないような微炭酸な感じがまたいいです。青春浪費系な微炭酸ラブコメです。二人が地球を救わなくても、バイトして無駄話していてくれたらいいやって思う作品です。

 

テンポもいいし、ボケツッコミもすごいいです。これは男子が読むようになったら「花とゆめ」ブレイクする予感がします。もちろん女子にもオススメですが「花とゆめ」ってことで買うのを迷っていたらもったいない作品です。すごいオススメです。

 

 

 

 

 

ぱっとしてない 青春がある。相も変わらずドラマの起こらぬ日々ながら、二人でカラオケに行ってみたり、雑貨屋に行ってみたり、夏祭りに行ってみたり… これってもはや付き合ってるのでは!?と片野の妄想は大爆発。気づいているのかいないのか、宇多川はもちろん華麗にスルー。ぱっとしてないからこそ楽しいなんてこともあるもので… くすぐったくってクセになる青春浪費ラブコメ、お待ちかねの第2巻!!