勤務医開業つれづれ日記・3

マンガや書籍、クリニック開業関係について書いてます。「院長の漫画カルテ」http://www.manga-karte.comで【速報】中!

【感想】『箱入りドロップス6巻』津留崎優 (著) ついに6巻完結!最高でした!!【マンガ感想・レビュー】

(2017.07.14更新)

 

 

『箱入りドロップス』最終6巻が出ました! 

 

いやあ、泣いたね。本当にお気に入りの漫画でした。

1巻から感情移入しちゃった作品で、親のような心で引きこもりの雫ちゃんの成長を見ていました。本当に卒業おめでとう!陽一くんも頑張った。よかったね。

 

陽一くんも萌ちゃんも成長したし、クレバーな相ノ木が一番笑わせてくれました。でもカバー下では実は純ちゃん巻だったのでは?という気もしたりして。

 

津留崎優先生、お疲れ様でした。津留崎優先生も体調不良とのことでしたが、実は妊娠だったということでおめでとうございます!本当に素晴らしい作品でした。最高の4コマ漫画でした!!

 

 

 

箱入りドロップス

『箱入りドロップス』は『まんがタイムきらら』で連載されていた4コマ漫画。2017年7月号で最終回を迎えました。

 

高校進学で一人暮らしを始めた春日井陽一くんのとなりに、西森雫ちゃんが引っ越してきます。おじいちゃんが雫ちゃんのことをずっと家にいるようにして家庭教師をつけ、外出もほとんどしたことがない「箱入り娘」です。実は雫ちゃんの両親が早くに事故で亡くなったり、いろいろなことがあった様子です。

 

高校に行こうと一大決心をした雫ちゃんは陽一くんや周りの友達に助けられながら高校生活を一生懸命送り始めます。

 

もう高校3年生になっちゃったんだねぇ。

1巻から読んでいたら、表紙見ただけで涙目になります。引きこもりの雫ちゃん、立派になりましたね。読者の感覚は小学生卒業の親に近いね。

 

 

箱入り娘の雫ちゃん

 f:id:med2016:20170712085226p:plain

相変わらずの二人。6巻イベントはプールと文化祭と卒業式です。高校3年間はあっという間でした。 

 

 

ついに陽一くん、告白する

 

f:id:med2016:20170712110429p:plain

さて、5巻からずっと盛り上がっては寸止めだった二人の関係は一体どうなるんでしょう?

 

「西森のこと好きだからってことの方が大きいと思うから」

 

文化祭で陽一くんはついに雫ちゃんに告白します。

 

 

雫ちゃん、号泣

 f:id:med2016:20170712084929p:plain

色々な家庭の事情があって引きこもっていた雫ちゃんは、みんなのおかげで高校生活を送ってこれました。でもやっぱり心に傷が残っています。陽一くんに告白されてパニックになった雫ちゃんは高知の実家に戻ってしまいます。

 

本当に大切な友達がいてくれて、ぽろぽろ泣きながら自分の気持ちを言う雫ちゃんに胸打たれましたね。思わず一緒に泣いちゃいました。 

 

陽一くん、恋の始まりは

f:id:med2016:20170712135516p:plain

↓これな。これが馴れ初めだったのか。すでに周りでは二人のこと盛り上げモードだったのにね。

f:id:med2016:20170712085204p:plain

(箱入りドロップス2巻より)

 

 

 

ぽかん&ブフォーッ

はい、ここで陽一くんがとんでもないこと言います。漫画読んでね。

 

f:id:med2016:20170712085109p:plain

ブフォーッ

 

笑ったわ。

噴き出しているのは陽一くんのおばさんで陽一くんのアパートの所有者、食らっているのは雫ちゃんのお姉さん。この二人は百合成分あるよねー。

 

陽一くんは雫ちゃんにすごいこと言い出すわけです。……なんか若いな。雫ちゃんのリアクションもかわいすぎます。

 

ということでどんな最終回になるのでしょう?みんな読んでください。

 

 

 

あれから7年……。 

本当はあと1話あったはずの『箱入りドロップス6巻』。津留崎優あとがき7年後、25歳になったみんながどうなったのか、作者あとがきにありますので、その内容をちょっぴり紹介。

 

春日井 陽一

f:id:med2016:20170712084150p:plain

大学は経済学部だったらしい。卒業して社会人になっている。少し太ったらしいけど、雫ちゃんケーキの試食のせい?

西森 雫

f:id:med2016:20170712084201p:plain

雫ちゃんはケーキ屋さん勤務。独立も考えている様子。横断歩道も渡れなかったのに、すごいお姉さんになりましたね!



桂木 萌

f:id:med2016:20170712135707p:plain

 

萌ちゃんは幼稚園の先生です。結局、相ノ木とくっついたり別れたりで、最後は結婚するらしい。おめでとう!最終巻は萌ちゃんが泣いてばかりだったけど、結婚式も多分大泣きだね。

 

 

相ノ木 琢人

f:id:med2016:20170712084232p:plain

 ↓ 推薦入試のために黒髪にした。

f:id:med2016:20170712084324p:plain

相ノ木が公務員かよ。1巻では「花火みたいな刺激的な人生を送りたいね」って言ってたくせに。でもこの漫画も相ノ木がいたから最高に笑えたね。お幸せに!

 

澄田 純

f:id:med2016:20170712084212p:plain

なんと!純ちゃんは25歳ですでに子供がいるらしいです。6巻カバー裏も純ちゃんだったし、実は隠れて最終6巻は”純ちゃん巻”だったのでは。お相手誰だったのかな?やっぱり先生?

 



相ノ木 鈴音

f:id:med2016:20170712084531p:plain

(箱入りドロップス4巻カバー下より)

もしかしたらあまり見てない人もいるかもしれないので4巻カバー下からピックアップ。実は4巻カバー下の鈴音ちゃんがものすごくかわいい。4巻は鈴音ちゃんのものでした。これはハートがやられました。めくってなければすごく損してます。相ノ木の妹なんだけど、意外とブラコンなのかもね。

 



関&委員長

f:id:med2016:20170712084339p:plain

この二人もなかなかいい味出してましたね。百合要素があるとしたらこいつら。委員長はどこかの編集部でお仕事しているみたいです。大変そう。関さんはWeb系のフリーランスで楽しいらしい。卒業後も二人でルームシェアしているみたいです。



ということで、ああ!箱入りドロップス、終了ですねー。名残惜しすぎます!

 

本当にいい作品でした。笑って笑って、最後にちょっぴり泣かせてもらって、みんな幸せそうに前に向かって進んでいるし、作者さんもおめでただし、みんなそれぞれ幸せじゃん!!その幸せをちょっぴり分けてもらった感じの、最高の4コマだと思いますよ。

 

あとはアニメ化されたらいいなぁ。すごいすごいおすすめでした!

 

 

<試し読み>

sokuyomi.jp