勤務医開業つれづれ日記・3

おすすめ漫画8割、ライフハック2割の院長ブログ

【反ワクチン】麻疹(はしか)を広げる反ワクチン宗教団体が、なぜか報道されない

はじめに

今回の麻疹(=はしか)の広がりはどこから来ているか知っていますか?

 

実は三重県の反ワクチンの宗教団体が原因になっています。

 

2月21日に厚生労働省メールマガジンで宗教団体と明記された号外がでました。産経新聞によるとこの宗教団体の感染者がAKB48握手会に参加したようです。

 

厚生労働省、三重県、産経新聞の情報と合わせますと、このようになります

 

 

・ミロクコミュニティ(三重県津市)反ワクチン宗教団体で49人の麻疹感染者

・この宗教団体の感染者がAKB48の握手会に参加

四次感染まで確認

 

 

 

三重県津市の反ワクチン、反医療を掲げる宗教団体『ミロクコミュニティ(MC)救世神教』が大きな原因の一つなのに、全く報道されていないのはなぜでしょう?

 

 

本記事の結論から先にいうと、

反ワクチン団体が爆発的な感染症流行の原因となる

ということです。 

 

 

ワクチンは再三再四お伝えしているように、

 

副作用が最強、最悪に出るのが本当の病気

人間のものすごい努力で副作用を最も少なくしたのがワクチン

 

です。反ワクチン団体がワクチンを打たないことで周囲にも多大な迷惑をかける事、そして反ワクチンに対抗するには一般の方の予防接種を徹底することが本当に大事です。

 

インフルエンザの集団感染がおきると病院はニュースで徹底的に悪者扱いで報道されるのに、麻疹を集団感染させてAKB48の握手会に行って、4次感染まで引き起こしている反ワクチンの宗教団体がなぜ報道されないのでしょう?マスコミの報道基準が不思議でなりません。

 

 

目次

 

 

反ワクチンについて

反ワクチンは個人が病気になるだけではなく、まわりに感染症をばらまいて多大な被害を広げてしまいます。

 

こちらの記事にあるように、反ワクチン・反医療信仰は宗教です。説得するよりは法的な強制力がある程度必要なのではないでしょうか。 

 

三重県の麻疹感染拡大の背後にある、「反ワクチン」「反医療」信仰の危うさ | ハーバービジネスオンライン

hbol.jp

 

 

アメリカ・アーミッシュでも集団感染

パンデミックについて知識がある医療関係者は、今回の麻疹の集団発生についてすぐ「アメリカのアーミッシュ」と連想がついたかもしれません。

 

宗教団体で、予防接種をしない方針のアーミッシュでは麻疹が集団発生して問題になりました。NEJM(The New England Journal of Medicine)という医療関係では最も有名な医学雑誌に、アーミッシュの麻疹集団発生の報告があります。

 

オハイオ州の予防接種が不十分なアーミッシュ社会における麻疹の集団発生 | 日本語アブストラクト | The New England Journal of Medicine(日本国内版)


オハイオ州の予防接種が不十分なアーミッシュ社会における麻疹の集団発生
A Measles Outbreak in an Underimmunized Amish Community in Ohio
P.A. Gastañaduy and Others

背景

米国では麻疹は 2000 年に根絶されたが,国外からウイルスが入ってくるため集団発生が続いている.ワクチン未接種のアーミッシュの男性で,フィリピンから米国への帰国時に麻疹ウイルスが潜伏していた 2 例を発端とする麻疹の集団発生の疫学的特徴を報告し,公衆衛生対応が麻疹拡大の抑制にどの程度効果があったかを調査する.


方 法

人口統計学的特性,臨床的評価と検査による評価,ワクチン接種率に関するデータの記述的解析を行った.


結 果

2014 年 3 月 24 日~7 月 23 日に,オハイオ州の 9 つの郡で麻疹の集団発生に関連する症例 383 例が報告された.患者の年齢の中央値は 15 歳(1 歳未満~53 歳)であり,178 例(46%)が女性,340 例(89%)がワクチン未接種であった.伝播は主に家庭内で起きていた(症例の 68%).ウイルス株の遺伝子型は D9 型で,報告当時フィリピンで流行しているものであった.麻疹・流行性耳下腺炎・風疹(MMR)ワクチンの 1 回以上の接種率は,感染したアーミッシュの家庭では推定で 14%,オハイオ州の一般(非アーミッシュ)家庭では 88%であった.封じ込めのための措置として,患者の隔離,感染しやすい人の自宅待機・追跡,10,000 人超への MMR ワクチン接種などが行われた.麻疹の拡大はアーミッシュ社会にほぼ限定され(患者の 99%),感染率は推定 32,630 人のアーミッシュ人口の約 1%にとどまった.


結 論

オハイオ州のアーミッシュ社会における麻疹の集団発生の重要な疫学的特徴は,主に家庭内伝播であったこと,感染者はアーミッシュのなかでも少数であったこと,アーミッシュ社会でワクチンを接種しようとした人は多数いたことである.標的を絞った封じ込め措置と,一般社会集団でのベースラインのワクチン接種率が高かったことにより,アーミッシュ社会外への感染拡大は限定的であった.(オハイオ州保健局と米国疾病管理予防センターから研究助成を受けた.)

 

宗教団体がワクチンを打たないと、麻疹が集団発生するのは医学的にはごく自然なことなのです。あまりにも当たり前すぎて、説明するのもしんどいです。 

 

 

 

麻疹について

麻疹は江戸時代の『命定め』 

 

歴女(まあ女性に限らず)の方には有名な話です。天然痘とならんで麻疹は命にかかわる大変な感染症でした。

 

麻疹の予防接種をしなければ、江戸時代と同じ状況になります。せっかく文明のちからで麻疹の流行を阻止することができるようになったのに、何を思って江戸時代に戻ろうとしているのでしょう?

 

 

麻疹(はしか)は死ぬ

あえて強く書きましたが、麻疹は死ぬ感染症です。しかも、麻疹にかかってから7−10年後にSSPEという致死性の病気を発症することも知られています。これは多くの方が述べていますので簡単に書きます。

 

麻疹は1000人に1人死ぬ

麻疹は脳炎を引き起こす

麻疹は7−10年後に後遺症を出して死ぬことがある(SSPE・致死性)

麻疹は39度以上の熱がでる

麻疹は肺炎、中耳炎を引き起こす

麻疹になったら1ヶ月免疫力が低下する

 

東京都感染症情報センター » 麻しんQ&A I 麻しんの基礎知識

 

 

こちらのインスタが素晴らしくきれいにまとまっていると思います。

www.instagram.com

 

 

麻疹対策はワクチン

麻疹の有効な対策はただ一つ、

2回のワクチンだけです。

 

日本には感染症の水際対策としてポスターがベタベタと貼ってあります。しかし海外の空港に感染症のポスターとか貼っていません。なぜならポスターに麻疹の予防効果はあないからです。

 

麻疹は空気感染しますので、手洗いやマスクは役立ちません。

麻疹は潜伏期間が10日間前後ありますので、水際対策は役立ちません。

麻疹で休校にしても免疫がないとまた流行します

麻疹を発症してから病院に行っても対症療法しかできません。 

 

 繰り返します。

麻疹の有効な対策はただ一つ、

2回のワクチンだけです。

 

 

アメリカでは幼稚園、小中校の入学にワクチン接種の証明書提出が義務付けられています。ワクチンを打たないと学校には入れません。そのおかげでアメリカは2000年に麻疹を根絶しています。日本でもある程度の強制力が必要な時期に来ているのではないでしょうか。

 

マスコミがこぞってあおり立てた反ワクチンは化け物になりつつあります。反ワクチンがどんな迷惑をかけているのか、報道してほしいと思います。今の日本はあまりに反ワクチンの力が強く、HPVも含めてワクチン行政を歪めています。このような反ワクチン活動は他の先進国では見られない現象であり、WHOも警告を出しています。

 

まとめ

麻疹の対策については医学的には正解が出ています。2回のワクチン接種で予防する、が答えです。

 

このシンプルな答えを実行できないでいるのが日本の現状です。そして、反ワクチンについて報道がなされないのが日本の特徴です。HPVもそうですが、海外ではみられないような反ワクチンの考え方が根付いています。そしてそのことは報道されません。

 

なぜ反ワクチンが感染症の温床になっていると指摘されないのでしょう?インフルエンザの集団感染がおきると病院はニュースで徹底的に悪者扱いで報道されるのに、麻疹を集団感染させてAKB48の握手会に行って、4次感染まで引き起こしている反ワクチンの宗教団体がなぜ報道されないのでしょう?マスコミの報道基準が不思議でなりません。

 

 

 

麻疹対策として、きちんとワクチン接種しましょう。それしか正解はありません。

 

ブログ管理人は母子手帳できちんと2回接種記録がありますが、10年前に自費で麻しん風しん混合ワクチンをうけました。医療関係者が麻疹や風疹になってはいけませんし、3回目であってもブースト効果があるからです。

 

現在、麻疹や風疹が流行していてワクチンを無駄にしないため、まずは抗体価を測ってそれから必要な予防接種をすることが推奨されています。

 

麻疹だけでなく風疹についても知識を持っていただきたいのですが、とくに働き盛りの31歳から56歳までの男性の方に予防接種の意識を持ってほしいです。詳細は下記の風疹の記事を読んでほしいです(もう無料公開は終わっているとおもいますが)。

 

 

専門家からしたら明らかな正解があることで、ずっと社会が悩まされることは本当に残念でしかありません。日本では訪日観光客の激増と、海外渡航の方からの感染症の持ち込みがこれからも続くでしょう。そして反ワクチンという思想が感染症の温床となって残っていくことでしょう。

 

とにかく言いたいことはただひとつ。

ワクチン打とうぜ!

 

 

 

<風疹関連記事> 

【風疹流行】「コウノドリ」風疹エピソードを緊急無料公開 首都圏流行で【予防接種で妊婦さんを守ろう】 - 勤務医開業つれづれ日記・3

<最近の医療関係記事>

【舌癌】堀ちえみさん 誰も書かない口内炎・レーザー治療の功罪【ステージ4】 - 勤務医開業つれづれ日記・3


 

<医療リテラシー関連書籍>

「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る! 単行本(ソフトカバー) – 2014/6/25 NATROM (著) 

 

代替医療解剖 (新潮文庫) 文庫 – 2013/8/28 サイモン シン (著), エツァート エルンスト (著)

 

 

 

 

各種情報、報道

厚生労働省メールマガジン・感染症エクスプレス(専門家用) 

f:id:med2016:20190224045824p:plain

感染症エクスプレスはとても有効な情報源です。医療関係者用ですので、一般の方には難しいと思います。医師で、まだご存じない方はぜひ下記から。 

感染症エクスプレス@厚労省 |厚生労働省

 

 

三重県|感染症:麻しん(はしか)について

f:id:med2016:20190224045834p:plain

 

 

大阪府/麻しん(はしか)について

f:id:med2016:20190224051405p:plain

 

 

 

はしか感染、三重の宗教団体から ワクチン接種しない信徒も - 産経ニュース

はしか感染、三重の宗教団体から ワクチン接種しない信徒も
2019.1.23 19:47産経WEST 

 津市で昨年末に開かれた研修会の参加者がはしかに集団感染していたことが判明し、三重県は22日、研修会の主催者は同市内の宗教団体「ミロクコミュニティ(MC)救世神教」だったと発表した。同団体はホームページに謝罪文を掲載、「医薬に依存しない健康を重んじてワクチンを接種していない信徒もいる」ことが原因とし、「感染拡大を防ぐため、県保健所の指導のもと努力する」とした。
 県などによると、研修会は昨年12月23日から7泊8日で行われ、三重、愛知、岐阜、和歌山県から10~30代の男女計49人が参加。三重県薬務感染症対策課はこのうち、今月4日にはしか感染が確認された和歌山県の男性から、参加者に感染が広がっていたとみている。

 三重県はこれまでに46人の感染を確認。また、研修会に参加した同県の10代の男性は今月6日、京セラドーム大阪(大阪市西区)で開催されたアイドルグループ「AKB48」の握手会に参加していたことが判明しており、大阪市が注意を呼びかけている。
 はしかは空気感染するなど感染力が強く、妊娠中に感染すると流産や死産、早産など、胎児に悪影響が出る可能性がある。三重県の鈴木英敬知事は23日の定例記者会見で、「初期段階で感染拡大を防ぐためにも、団体周辺の情報をもう少し詳しく公表すべきだったかもしれない」と述べた。

 

信仰でワクチン非接種、宗教団体発端ではしか集団感染:朝日新聞デジタル


 

こちらのツリーには情報がリアルタイムで残っています。

 HAL先生はいつも積極的に情報を出されていてすごいと思います。

 

「民間団体」の麻疹の二次感染予防を主眼に置かれているところが素晴らしいです。 

 

 

 

 

ご参考になりましたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2016-2019 kaigyou-turezure All Rights Reserved.