勤務医開業つれづれ日記・3

おすすめ漫画8割、ライフハック2割の院長ブログです。

【思春期ビターチェンジ】二次創作「ビターチェンジの記憶(前編)」【SS】

 

 

 

ユウタは三度目に入れ替わった日のことを今でも思い出す。病院の集中治療室で、機械音が鳴っている。ユウタは口には酸素マスクを当てられて、ベッドに横たわっている。

 

ユウタは自分の体が男の体に戻っていることに気がついた。。

「泣いてないで、戻れたことよろこべよ」ユウタの出す声は、今まで出したかったはずの男性の声だった。

 

眼の前にはユウタだったはずの大塚結依がいて、いままで自分が出していたはずの女性の声で、ユウタに向かって話しかけていた。

「私はユウタが好きなの!だからユウタが無事じゃなきゃよろこべない」

不思議な光景だった。二人が夢にまで見て、あきらめたことが現実になっている。

 

神様、お願い

私はどうなってもいいから

ユウタを幸せにして

ユウタが助かるなら私はこんな身体いらないから

「どうか、元に戻して。お願いだから……!」

 

一度気を失って、気がつくとまたユウタは大塚結依の体の中に戻っていた。ユウタは結依に、そしてユイは佑太に、再び戻っていた。

 

そして、ユウタの心の中には入れ替わりの前のユイの心のカケラが残っていることを感じた。小さな女の子だった。心の中にいる小さなユイは、本当にユウタを必要としてくれている。

「私はユウタが好きなの!だからユウタが無事じゃなきゃよろこべない」ユイの心がいま、自分の心のそばにある。ユウタは静かな幸せにひたっていた。

(また入れ替わったのに、こんなに幸せでいいのかな)

ユウタはユイの身体に戻って、あの帽子をギュッと握りしめた。

 

同じように、ユイの心の中にはユウタの心が残っていた。小さな男の子の姿で、ユウタの身体のなかに小さく存在していたのだった。最初の入れ替わりのときにはわからなかった、ユウタの心だった。ユイのことがすごく好きで、自分の身体よりもユイのためのヒーローになりたい気持ちが痛いほど伝わってきた。

 

ユイは、今まで自分ばかりいっぱい我慢していると思っていたけど、ユウタもいろいろなことに悩んで我慢して、あきらめて、受け入れていること気付いた。

(私はいつも助けられてばかりだ)ユイの目から涙があふれた。

ユイの魂が集中治療室に横たわるユウタの身体の中に入っていた。入れ替わりでトラックにぶつけられた身体にもどって全身が痛かったけど、ユイが涙を流したのはそのせいだけじゃなかった。

 

サッカーがユウタの心の中にすごく大きな感情として残っていたのはすぐわかった。子供のころからサッカー選手に憧れていたけど、ユイの身体と入れ替わってからはユイから預かっている身体を傷付けるのが怖くてやっていなかった。女子サッカー部に興味はあったけど、見に行ったら絶対にやりたくなるから、見に行くのも嫌だった。ユイにも友人にもサッカーの話は一切していなかった。でも、そのくらいサッカーが好きだったんだね……。

 

ユウタは集中治療室のベッドでユイの手を握ってくれている。ユウタの手は小さく、温かい。

「また、入れ替わっちゃったんだね……」入れ替わったユイは酸素マスク越しに小さな声でユウタに言った。「ユウタ、サッカーやってもいいよ」

 

「えっ?」ユウタはユイの口からサッカーという単語が出るとは思っていなかったので、聞き違いかと思った。

「ユウタ、女子サッカー部に入って」ユイは涙で濡れた目を開けてユウタをしっかり見ながら、もう一度言った。

 

ユイの体に戻ったユウタは目を白黒させている。ユイの中にいる、小さなユウタの心臓がドキンと鳴った気がした。(サッカーしてもいいのか!?)小さな男の子は言ったように思えた。うなずきながらユイは目を閉じた。

 

ユイはもう一言何かを言おうとしたが、身体は限界だった。ユイは小さな男の子のユウタを心の中で抱きしめながら、もう一度深く、深く眠った。

 

 

(続く)

 

■  ■  ■  ■  ■  ■  

 

追記:生まれて初めての二次創作の続きです。ユイとユウタのそれからを書いてみました。いやもう、二次創作ははずかしすぎます。キャラクターのことを妄想し始めると止まりません。本当に『思春期ビターチェンジ』好きです。後編に続きます。

 

前作の和馬編はこちら。

【思春期ビターチェンジ】二次創作「ビターチェンジを君に」【SS】 - 勤務医開業つれづれ日記・3

 

 

思春期ビターチェンジ(8) (ポラリスCOMICS) コミックス – 2018/5/12 将良 (著) 

小学4年生の時、心と身体が『入れ替わって』しまったユウタとユイ。戻れないまま7年、高校2年生になったふたり。“元の身体に戻れなくても……いい” ユウタは、このままユイから離れていってしまうのかーー? 

  

 

思春期ビターチェンジ(9) (ポラリスCOMICS) コミックス – 2019/1/11 将良 (著) 

小学4年生のある日、突然、お互いの身体が入れ替わってしまったユウタとユイ。元の姿に戻れないまま迎えた高校2年生、夏。「オレと、ずっと一緒にいてよ」、恋も友情も全部、君の身体で経験した、ふたりの入れ替わり長期戦──ついに完結!! 【電子版限定! 「番外編」エピソードを特別収録!】