勤務医開業つれづれ日記・3

雑記ブログです。マンガや書籍、医療関係について書いてます。

【訃報】信じられない!「鮫島、最後の十五日」漫画家・佐藤タカヒロ先生が41歳で死去 「バチバチ」「バチバチBURST 」

 

マンガの神様、ひどいです……。

f:id:med2016:20180704064428j:plain

(「鮫島、最後の十五日」最新18巻が6月8日に出たばかり)

 

……信じられません。あの佐藤タカヒロ先生がお亡くなりになられたなんて……。鮫島が土俵に命をかけて臨んだように、先生自身も身を削って描いていたんですね。

 

「鮫島、最後の十五日」は相撲マンガとして最高傑作だと信じていますが、ついに最終回を見ることができないんですね。本当に本当に残念です。一人でも多くの人に知って欲しい作品です。

 

当ブログで感想記事を書かせてもらって、佐藤タカヒロ先生からお返事をいただいたこともあります。それは今年の1月です。とにかく本当に残念すぎます。未だに信じられない思いで追悼記事を書かせていただきます。

 

 

突然の訃報 

スポニチ

 

私はYahoo!ニュースでとりあげられていたのをみました。オリジナル記事はこちらです。 

 

 

秋田書店ホームページ


秋田書店のホームページで訃報が載っております。7月3日未明に永眠とのことです。

f:id:med2016:20180704064118j:plain

7月2日にはTwitterでリツイートしていますから、本当に突然だったのではないでしょうか。

 

「鮫島、最後の十五日」とバチバチ三部作

当ブログでは「鮫島、最後の十五日」をすごく押していまして、いろいろなところでお勧めしていました。

 

「鮫島、最後の十五日」は「バチバチ三部作」の最終三部目にあたります。

 

「バチバチ」全16巻

「バチバチBURST 」全12巻

「鮫島、最後の十五日」現在まで18巻

 

 相撲マンガとして本当に素晴らしい作品だと思います。

 

 クリックするとアマゾンに飛びます。

「バチバチ」全16巻

f:id:med2016:20180703224230p:plain

バチバチ (16 冊) Kindle版 佐藤タカヒロ (Author)

第1巻の内容紹介: ある事件をきっかけに相撲界を追われ、この世を去った大関・火竜! その息子、鮫島鯉太郎の胸には父が遺した言葉が深く刻まれていた!!待ったなしの角界激震! 本格大相撲漫画!! 

 

「バチバチBURST 」全12巻

f:id:med2016:20180703224149p:plain

バチバチBURST (12 冊) Kindle版 佐藤タカヒロ (Author)

第1巻の内容紹介: 力士として大きく成長した鯉太郎に、小生意気な大卒とデブオタヒッキーが新たに弟弟子として加わる。一方、あの王虎は鯉太郎と同じ番付に!! 灼熱大相撲巨編「バチバチ」、物語は新たなる土俵へ!! 

 

 

「鮫島、最後の十五日」

f:id:med2016:20180703224313p:plain

鮫島、最後の十五日 (18 冊) Kindle版 佐藤タカヒロ (Author)

第1巻の内容紹介: 誰よりも相撲を愛しながらも、小兵と呼ばれる恵まれぬ身体。もがき…抗い…挑み続けた幕内力士、鮫島鯉太郎。熱き力士の冷酷な一場所、十五日間の記録と記憶。大相撲巨編「バチバチ」シリーズ最終章。 

  

  

「バチバチ」「バチバチBURST 」

f:id:med2016:20180703221617p:plain

「鮫島、最後の十五日」

f:id:med2016:20180703222135p:plain

(いずれも管理人電書より)

 

 

「鮫島、最後の十五日」は最高

当ブログ記事でも繰り返し書かせてもらっていますが、「鮫島、最後の十五日」は相撲マンガとして最高だと思います。


ヒリヒリするような天雷戦の感想を書かせてもらいました。この感想記事に佐藤タカヒロ先生からお返事もらえた時は本当にうれしかったです。

 

 

佐藤タカヒロ先生にもらったお返事 

 

いや、ほんとうにあの時は無邪気に作品を読んで喜んでいました。そして佐藤タカヒロ先生からのお返事もうれしかったなぁ……。

 

まさか半年後にこんなことになるなんて、思いもしませんでした。 

 

 

 

佐藤タカヒロ先生Twitter

twitter.com

 

先生はTwitterでいろいろと「鮫島、最後の十五日」の情報を発信してくれていました。

 

鮫島vs王虎戦では入魂の原稿で、ヘロッヘロになったと書いています。

 

本当に魂削って描かれていたんですね。なんか泣けてくる。 

 

 

 

今後の予定

先週、チャンピオン31号で「ドカベン」最終回と一緒に鮫島を読んだばっかりです。

f:id:med2016:20180703222637j:plain

記事によりますと、33号掲載分が最終になるようです。あと2回で終了の予定のようです。

 

 

 

まとめ

まさか佐藤タカヒロ先生がお亡くなりになられるとは思いませんでした。今でも信じられません。

 

今クライマックスのど真ん中にいる「鮫島、最後の十五日」がこのような形で終了するとは想像だにしていませんでした。土俵に命をかける鮫島が佐藤タカヒロ先生にダブって仕方ありません。涙出てきます。

 

「鮫島、最後の十五日」をはじめとするバチバチ三部作は本当に素晴らしい作品ですから、多くの人に手に取ってもらいたいです。

 

そして本当に漫画家の方々、お体に気をつけてください。本当に本当にです。筆を折ることもすごいさみしいですが、あまりに無理をして病気になったりお亡くなりになられる方が多くいらっしゃいます。

 

 

描かれることのなかった「鮫島、最後の十五日」。一体鮫島はどこへ向かい、そしてどのような結末を迎えることになったのでしょう?最後の答えをファンは知ることができません。本当に残念でなりません。

 

でも最後まで頑張り続けてきた佐藤タカヒロ先生の作品はいつまでも多くの人の胸に残ると信じています。本当に惜しい人を亡くしました。先生のご冥福を御祈り致します。

 

 

合掌

 

 

 

 

<当ブログ関連記事・訃報>

kaigyou-turezure.hatenablog.jp

kaigyou-turezure.hatenablog.jp

kaigyou-turezure.hatenablog.jp

kaigyou-turezure.hatenablog.jp

med2008.blog40.fc2.com

 

 

 

 

 

 

ご参考になりましたら幸いです。

 

 

 

 

 

Copyright © 2016 kaigyou-turezure All Rights Reserved.