勤務医開業つれづれ日記・3

雑記ブログです。マンガや書籍、医療関係について書いてます。

【追悼】Hagex氏刺殺事件についておもうこと。自分たちができるたった2つのこと

(2018.06.28追記あり)

 

Hagex氏が刺殺され、ご本人だと確認されたようですので今回の文章を書かせてもらいます。Hagex氏は当ブログ「勤務医開業つれづれ日記」にブクマしてくれたこともあります。 

 

 

有名ブロガーHagex氏

Hagex氏は、はてなブログを使用していた有名ブロガーです。いろいろとネットゴシップ系なブログの印象でした。

hagex.hatenadiary.jp

Hagex氏の自己紹介は、

「三度の飯よりインターネットが大好きなネットウォッチャーのチラ裏日記です。発言小町、2ちゃんねる、炎上、有料メルマガ、はてな、デマといったテーマが大好物です」 

という感じになっています。炎上やデマなどを中心にかなり激しいやり取りもあったようです。そのぶんコアなファンもいたようです。

 

Hagex氏と当ブログ

当ブログは、Hagex氏に一度ブクマをつけてもらったことがあります。直接的な関係はそれだけですが、当記事はHagex氏のブクマから急に拡散した印象があります。 

 

Hagex氏のブクマ

はてなブックマーク - hagexのブックマーク / 2018年3月14日

 

ブクマされた当ブログ記事


Hagex氏は反はあちゅうさんとしていろいろと記事を書いている方でした。上記の遅延型フードアレルギーの記事もはあちゅうさんのトンデモ記事が発端ですから、それに合わせて当ブログをチェックしてもらったのだと思います。

 

そういう意味でもはあちゅう氏 vs Hagex氏の片棒をかついだかもしれません。私個人が記事を書いたのは、医学的に間違っていることが大量に流布されるのがイヤだっただけです。

 

  

Hagex氏と低脳先生

Hagex氏を刺殺したのは低脳先生で確定のようです。

 

Hagex氏はかなり攻撃的な感じではありましたが、正直これで刺殺されたらかなわないなぁ、という印象です。Hagex氏自身の低脳先生に対する記事はこちらです。 

hagex.hatenadiary.jp

 

 

関連記事は色々とありますが、比較的Hagex氏と低脳先生について書かれているのはこちらかと思います。

nlab.itmedia.co.jp

 

こちらには低脳先生の犯行声明と思われる文章も載っています。

nlab.itmedia.co.jp

 

 

Hagex氏に批判、揶揄された人々の反応 

以前Hagex氏に攻撃されて来たはずの人々は、おおむね大人の対応です。Hagex氏が実際に亡くなられているからでしょう。

 

そしてイケダハヤト氏やはあちゅう氏は、炎上そのものが商法の一部であり、火をつけてくれる人は自分の商売にも役立つからなのかもしれません。

 

イケダハヤト氏 

 

はあちゅう氏 

 

 

 

まとめ 

表現の自由

正直な気持ち、Hagex氏は攻撃的すぎた面があるとおもいます。そしてゴシップすぎました。でも刺殺されていいはずはありません。表現の自由は守られるべきです。当たり前のことですが、殺人はどんな理由があるにせよ認められることではありません。

 

今回のテロのような行為を絶対に許すわけには行きません。お互いに面識はなかった、と報道されていますがそんなことはありません。低脳先生はHagex氏のことをじゅうぶんすぎるほど知っていて、どうしようもないほどの恨みを持って今回のことを起こしているはずです。刺殺という事実は、有名税ですまされるようなものでありません。

 

私たちはどうする?

その上で、ネットで表現したり表現されたものを読む私たちはどうしたらいいでしょう?私は2つの点が重要だと思っています。

 

一つはネットでの好循環を選び、悪循環を避けることです。

ネットではいい意味でも悪い意味でもHagex氏はあまりに悪い循環にはまり込んでしまっていました。少なくともそう見えました。

  

いざというときは直接の会話が大事だと思っています。そしてそのようなことができない状況では、他人に対する攻撃や中傷はとても危ないことです。ネットではなるべくマイナスな思考や意見を出すべきではなと思います。

 

もう一つは言論で完全に勝ちすぎないことです。

自分と敵対する人に対しては断固として対応するのは必要ですが、負けている人に追い打ちをかけないことです。120%打ち負かしてしまうと恨みが残ります。孫子の兵法にもあるように、三方だけを囲み、逃げ道を残さないと敵の死に物狂いの抵抗にあってしまいます。Hagex氏は低脳先生の鬼の首を取ったように書いていたようです。多分、優秀なHagex氏は完膚なきまでに低脳先生を叩き潰したのでしょう。

 

他人を完全に否定するといつか自分に返って来ます。他人を打ち負かした自分は価値があって相手に価値はない、という思考になってしまうといざ自分が打ち負かされた時に自分の価値が失われてしまいます。

 

無条件に自分と同じように相手にも価値があると想像することです。必要以上に完膚なきまでに叩き潰してはいけないと思います。そうでないといつか的に向けた刃は自分に向かってくることでしょう。

 

私たちができることはほんの少しかもしれませんが、より良い循環をネットに作り出してくことではないでしょうか。

 

 

最後にHagex氏のご冥福をお祈り致します。合掌

 

 

<関連記事>


 

 

 

 

ご参考になりましたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2016 kaigyou-turezure All Rights Reserved.