勤務医開業つれづれ日記・3

マンガや書籍、クリニック開業関係について書いてます。「院長の漫画カルテ」http://www.manga-karte.comで【速報】中!

【ちんぽ速報】『夫のちんぽが入らない』こだま 予約しました!すごいインパクトだな、これ!!

 

『夫のちんぽが入らない』感想書きました!ご参考にしてください!!

kaigyou-turezure.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 

 すごいな、これ!

脊髄反射的に、大脳をとおさずに

視覚→脊髄→右手人差し指→ボタンクリック

で、即買い決めた。

 

ファーストインプレッションは人のセックスを笑うな山崎ナオコーラ先生と同じレヴェルか、それ以上だね。

 

 

 

夫のちんぽが入らない

 “夫のちんぽが入らない"衝撃の実話――彼女の生きてきたその道が物語になる。

2014年5月に開催された「文学フリマ」では、同人誌『なし水』を求める人々が異例の大行列を成し、同書は即完売。その中に収録され、大反響を呼んだのが主婦こだまの自伝『夫のちんぽが入らない』だ。

同じ大学に通う自由奔放な青年と交際を始めた18歳の「私」(こだま)。初めて体を重ねようとしたある夜、事件は起きた。彼の性器が全く入らなかったのだ。その後も二人は「入らない」一方で精神的な結びつきを強くしていき、結婚。しかし「いつか入る」という願いは叶わぬまま、「私」はさらなる悲劇の渦に飲み込まれていく……。

交際してから約20年、「入らない」女性がこれまでの自分と向き合い、ドライかつユーモア溢れる筆致で綴った“愛と堕落"の半生。“衝撃の実話"が大幅加筆修正のうえ、完全版としてついに書籍化! 

いきなりだが、夫のちんぽが入らない。本気で言っている。交際期間も含めて二十余年、この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。周囲の人間に話したことはない。こんなこと軽々しく言えやしない。
何も知らない母は「結婚して何年も経つのに子供ができないのはおかしい。一度病院で診てもらいなさい。そういう夫婦は珍しくないし、恥ずかしいことじゃないんだから」と言う。けれど、私は「ちんぽが入らないのです」と嘆く夫婦をいまだかつて見たことがない。医師は私に言うのだろうか。「ちんぽが入らない? 奥さん、よくあることですよ」と。そんなことを相談するくらいなら、押し黙ったまま老いていきたい。子供もいらない。ちんぽが入らない私たちは、兄妹のように、あるいは植物のように、ひっそりと生きていくことを選んだ。(本文より抜粋)

 

 

 

すげー読みたい。

本好きとして、そして医師として。 

 

 

 

 

 こちらが【ちんぽ感想】です。すごい良かったです。
kaigyou-turezure.hatenablog.jp

 

【ちんぽ感想】にアクセス集中しております。ありがとうございます。

新聞の広告拒否にあったりしているようです。続報です。

kaigyou-turezure.hatenablog.jp

 

ついに村上春樹氏をおさえてアマゾン1位になりました!ちんぽ天下だ!

kaigyou-turezure.hatenablog.jp

 


ご参考になりましたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

<おすすめカテゴリー、関連記事>

kaigyou-turezure.hatenablog.jp

kaigyou-turezure.hatenablog.jp

 

【マンガ感想・レビュー】 カテゴリーの記事一覧 - 勤務医開業つれづれ日記・3

 

【台風10号・北海道被害】 カテゴリーの記事一覧 - 勤務医開業つれづれ日記・3

 

《課外活動》ラブコメ カテゴリーの記事一覧 - 勤務医開業つれづれ日記・3

 

《美術部》マンガ カテゴリーの記事一覧 - 勤務医開業つれづれ日記・3

 

《美術部》特撮、アニメ カテゴリーの記事一覧 - 勤務医開業つれづれ日記・3

 

 

 

 

 

<当ブログ人気記事>

kaigyou-turezure.hatenablog.jp

kaigyou-turezure.hatenablog.jp

kaigyou-turezure.hatenablog.jp

kaigyou-turezure.hatenablog.jp

 

kaigyou-turezure.hatenablog.jp