読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勤務医開業つれづれ日記・3

いらないことからコツコツと。新「院長の漫画カルテ」へ移行中です。

[随時更新]オススメ!コミックエッセイ&ドキュメンタリーコミック‼︎[真実は小説よりも奇なり]

《購買部》Amazon 《美術部》マンガ

 


自分の知らない世界を教えてくれるコミックエッセイ。

またある時は、自分が困った時に

作者がすでに経験していることを

いろいろと伝えてくれます。



コミックエッセイ、ドキュメンタリーコミックが面白いですよ!






クリックするとAmazonにとびます。

 

 

 

■うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

 

 

著者自身のうつ病脱出体験をベースにうつ病からの脱出に成功した人たちをレポート。うつ病について実体験から知識を学べ、かつ悩みを分かち合い勇気付けられる、画期的なドキュメンタリーコミック!

 

 

あの、お下劣で最低の漫画を描く田中圭一先生がまさかのウツ!しかも書いている内容がかなりいい!!実際にうつ病に悩んできた田中先生ならではの作品です。自分だけではなく、ウツのトンネルから抜け出した18人もの人のインタビューを載せています。疲れている方にはぜひ。

 

レビュー書いてます。ご参考にしてください!

kaigyou-turezure.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

 



■スリム美人の生活習慣をマネしたら 1年間で30キロ痩せました

スリム美人の生活習慣をマネしたら 1年間で30キロ痩せました<スリム美人の生活習慣をマネしたら 1年間で30キロ痩せました> (コミックエッセイ)

数々の失敗ダイエットを繰り返してきた作者・わたなべぽん(165cm・95kg)。人生は、ダイエットしている時期とリバウンドしている時期しかなかったことに気付いて一念発起!研究の果てに行き着いたのが「美人になったつもり」で生活をすることで自然と痩せて行くという方法だった。毎日のすべての行動を「美人ならどうするか」に置き換えて考え、実行することで痩せて行くという魔法のようなダイエット。でもそこにはやはりトラップもあるわけで…。一大ダイエットドキュメンタリー。ラストは思わず泣けます!


■もっと!スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました

もっと!スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました<もっと!スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました> (コミックエッセイ)

前作『スリム美人の生活習慣を真似したら、1年間で30キロ痩せました』のわたなべぽんが再度、一念発起! 本当のスリム美人を目指して「あと5キロ」ダイエットに挑戦することに。リバウンドせずに、さらに痩せる技が満載です。目指すは「隠さなくていい女」になること!


837efcaec2a379a16b800edd60e5af7a-e1384824621614.jpg
この2冊、すごくいいです!読んだだけでやせそう。でも、日々の努力が大事、ってことですね。結局、内面からというか考え方が変わることで生活が変わり、容姿も変わるってことです。難しいけどね……。
【50%OFF】ニコニコカドカワフェア2016期間限定1冊なんと半額¥ 513!今が買いですね!!




■同居人の美少女がレズビアンだった件。

同居人の美少女がレズビアンだった件。

33人が同居するシェアハウスにやってきた、とってもかわいい女の子。彼女の名は牧村朝子、通称「まきむぅ」。職業はタレント。ある日彼女はこう言った。「私、早く彼女が欲しいな~」そう、彼女は「レズビアン」だったのだ。やがて“運命の人”森ガ(フランス人)と出会ったまきむぅ。なんとフランスで「結婚」までするそうな!?幸せいっぱいに見えるふたり、でもその過程には当然悲喜こもごもが……。元同居人みきによる、独断と偏見と愛に満ちた(?)恋愛観察日記。牧村朝子公式ブログで人気を博した連載漫画の書き下ろし書籍化!

20160721body_ty_doukyo-nin_01_01.jpg
百合?と思ったら全然違いました。つまり、美少女xフランス女性。そしてそれを観察するのが著者、って感じの本。牧村朝子さんは同性愛について色々と発信している女優さんです。なのでエロエロではなく、女性が自分らしさを獲得していくお話です。

第三者視点なんですが、著者もなんだか困っている感じ。何に困っているのかわかりませんが、私個人的には作者さんのことも読んでいて気になります。







■こころを病んで精神科病院に入院していました。

こころを病んで精神科病院に入院していました。<こころを病んで精神科病院に入院していました。> (コミックエッセイ)20160718 01

吃音、幻聴、リストカット―こころを病んで病院に搬送された私は統合失調症と診断されました。最初の晩は少し泣いたけど、こころを病んだ優しい人たちが集まるここでの暮らしは確実に私のこころを治してくれた―。入院してから退院するまでの日を描く日常コミックエッセイin精神科病院!


作者のお人柄が出ている作品だと思います。絵柄も内容もさらりとした作風です。「カルト村で生まれました。」はその内容がびっしり詰まっている感じですが、こちらはとても優しく、ライトな内容になっています。

 

 


■「あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します」菅野 彰、立花 実枝子

あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します (ウィングス文庫)

あなたが怖くて入れないそのお店、代わりに入って食べて、生きてるか死んでるか、判定しましょう。ぐだぐだの日々を送っていた小説家&マンガ家の二人は、ある日友人のススメを受けて、そんな企画をぶちあげた。まずは手始めに、近所の謎に満ちた外観の中華屋さんから。そこから始まる恐怖とリバースの冒険とは!?なぜか完食ルールも発生し、友人&担当ズも巻き込んだ、グルメエッセイならぬ「死んでる店」探しの突撃体験エッセイ!


いやー、これはバカすぎて傑作!以前、記事を書きましたがもうめちゃくちゃです。
「最終兵器出たよね……初回に」

ちなみに、文章が結構多いです。
コミックエッセイというより、
文章中心のエッセイに
1コママンガや4コママンガがちょっとある、
という感じだと思ってください。

詳しくは下の記事を。私もブログ読者もすごい好き。

(当ブログ関連記事)
「あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します」菅野 彰、立花 実枝子
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-2093.html



■謎のあの店


時が止まっているかのような、佇まいからして尋常じゃない。でも、気になる。そんなお店、勇気を出して覗いてみたら……? 超個性的なお店や町を著者独特の視点で描いたコミックエッセイ。一度読んだら病みつきになること間違いなし!

 

勇気がなくてなかなか入ることができなかった怪しげなお店に潜入し、独特な目線でレポートする大人気コミックエッセイの第2弾。単なるお店紹介本にはとどまらない、著者だけでなく他人の人生までも垣間見える(!?)新感覚エッセイ!

20160718 o0447025313149566865
これまたすごい本です。「あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します」はもうめちゃくちゃ。行った自分が生きるか死ぬか、という感じ。「謎のあの店」は色々な意味で”ちゃんとしてます”。エッセイマンガですし。でも、両方ともツボにハマる人はどストライクなようで、一時期当ブログのめちゃめちゃ人気記事になっていました。懐かしい感じのする作品です。


(当ブログ関連記事)
「謎のあの店」「謎のあの店 2」 松本英子
http://med2008.blog40.fc2.com/blog-entry-2437.html

 

 

 

 

 

■カルト村で生まれました。

 

平成の話とは思えない!」「こんな村があるなんて!」と、WEB連載時から大反響!!衝撃的な初投稿作品が単行本に!
「所有のない社会」を目指す「カルト村」で生まれ、19歳のときに自分の意志で村を出た著者が、両親と離され、労働、空腹、体罰が当たり前の暮らしを送っていた少女時代を回想して描いた「実録コミックエッセイ」。

 

201607101.jpg
自分はまったくカルトや新興宗教と縁がありませんが、怖いもの見たさってありますよね。この内容って、衝撃的です。


■生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした

幼いころから生きづらさを抱えていた私が生んだ子は、二人とも発達障害グレーゾーンでした。
未来が怖い、人目が怖い、集団が怖い。
絶望と希望を繰り返しながら、それでもなんとか前向きに生きていく姿に、共感と応援の声!
アメブロで総合1位を獲得した実録コミックエッセイが、未発表秘話を100ページ以上収録し、発売です。

 

医療関係者や多くの子供と接する職業の方はぜひ読んでほしい本です。当ブログでレビュー記事も書いております。ぜひ、ご参考にしてください!

med2008.blog40.fc2.com

 

 





■「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」永田カビ

 

「心を開くって、どうするんだっけ…」28歳、性的経験なし。生きづらい人生の転機。高校卒業から10年間、息苦しさを感じて生きてきた日々。そんな自分を解き放つために選んだ手段が、「レズビアン風俗」で抱きしめられることだった──自身を極限まで見つめ突破口を開いた、赤裸々すぎる実録マンガ。pixiv閲覧数480万超の話題作、全頁改稿・描き下ろしで書籍化。

20160704body_privaterepo_01_01.jpg

これもすこぶる良書。レズ風俗の詳しい説明ではなく、悩める作者の再生のお話。精神科に通ったり、拒食と過食を繰り返したり、本当に大変だと思います。でもそれをオープンにできるところがすごいです。当ブログでも記事を書いております。すごいオススメ。