読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勤務医開業つれづれ日記・3

いらないことからコツコツと。新「院長の漫画カルテ」へ移行中です。

■無実の訴えにメディアはいない!逮捕報道はしてもマスコミはフォローなし!「東京・足立区わいせつ疑惑事件」の勾留の不当性を訴え!!

《医学部》医療事故、事件



これは、なんだかまずいです。


病室に戻った時に、
A子さんが目を閉じたまま「ふざけんなよ」「ぶっ殺してやるからな」など小声で言うのを看護師が聞いている

女性が

「ぶっ殺してやるからな」

とつぶやいていたのですから、

普通はせん妄状態であった可能性は高いです

(よほど口が悪い人でもない限り)。





1回目の犯行があったとされる時間帯、関根医師は手術室で記録を書いていた。
1回目の犯行があったとされる時間帯にも、ナースコールがあった。
>患者からナースコールがされるたびに、頻繁に看護師が病室を訪れていた。

1回目の犯行時間にナースコール。

患者さんの元に看護師がきて、

それで医師は別のところでカルテ記載。

これってわいせつ行為をすることはできないのでは?



2回目の犯行があったとされる時間帯の後、関根医師がA子さんの病室を訪ねた時、ベッドサイドにA子さんの母親がいた。関根医師が「ちょっと診ますから」と言うと、母親はカーテンの外に出て、そのすぐ側に立って待っていた。診察に要した時間は20秒以内。

2回目の犯行時間には母がいて、

そばに立っている状態で20秒間診察した。

これでわいせつ、できる?








実際に手術をしている医師が

あらぬ疑いをかけられてしまう可能性があります。



福島の事件のような

嫌な感じがします。

 



江川さんのご意見を尊重して、

実名のままでいきたいと思います。



手術直後の患者にわいせつ行為をしたと逮捕された医師と弁護人が法廷で「無実」の訴え
江川紹子 | ジャーナリスト
2016年9月5日 20時23分配信

東京・足立区の病院で、胸部の手術を終えたばかりで意識はあるものの身動きがとれない状態だった30代の女性患者に対し、執刀医がわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつの疑いで警視庁千住署に逮捕された事件。逮捕・勾留中の関根進医師(40)の勾留理由開示公判が5日、東京地裁(高島剛裁判官)で行われ、関根医師は「私はやっておりません」と容疑事実を否定した。弁護人は詳細に「無実」の理由を挙げて、勾留の不当性を訴えた。

裁判官は「罪証隠滅の恐れ」と

高島裁判官の説明によれば、関根医師にかけられた容疑は、手術後に病室に戻されたA子さんに対し、2度にわたって着衣をめくって手術をしなかった左乳房の乳首などをなめ、2度目にはさらに自慰行為に及んだ、というもの。
勾留の理由について、高島裁判官は「関係者に働きかけや通謀を行って罪証隠滅する恐れがあり、事案の重大性や悪質性から勾留が必要」と述べ、勾留を決めた資料としては「被害者等の供述調書、鑑定結果、捜査報告書」とした。また、罪証隠滅の対象としては、「(当該事件が起きたとされる)病院の関係者を想定している」と述べた。

本人は「私はやっておりません」と

これに続いて、関根医師が「疑われている事実について、私はやっておりません。以上です」と容疑事実を否定。
その後、3人の弁護人が交代で意見を述べた。

「無実の事案」と弁護人

弁護人意見の要旨は次の通り。
1) 本件は、被疑者が罪を犯したと疑うに足りる相当な理由はなく、むしろ無実の事案である。

2)麻酔として、笑気ガス、セボフルラン吸入麻酔薬、プロポフォールペンタゾシン、ジクロフェナクNa坐薬を使用した。術後、関根医師ともう一人の医師が付き添って、入院病棟に戻った。その直後に、 A子さんが目を閉じたまま「ふざけんなよ」「ぶっ殺してやるからな」など小声で言うのを看護師が聞いているなど、麻酔の影響による幻想・妄想があった。全身麻酔の患者が、手術後、半覚醒状態の時に妄想や幻覚を見ることは、ままあることだ。

3) 病室は4人部屋で、カーテンで仕切られただけで、声や音、気配などは容易に伝わる状態であり、他の3床には患者がいた。

4) 1回目の犯行があったとされる時間帯、関根医師は手術室で記録を書いていた。ごく短時間、この病室に行ったが、その際には一緒に手術を担当した別の医師と看護師2名がいた。

5) 2回目の犯行があったとされる時間帯には、関根医師は他の病室にいて、別の患者を診ていた。

6) 病室には15分ごとに看護師が定時巡回していたほか、患者からナースコールがされるたびに、頻繁に看護師が病室を訪れていた。1回目の犯行があったとされる時間帯にも、ナースコールがあった。ナースコールは看護師の携帯電話と連動しており、自動的に時刻が記録される。ナースコールのボタンはA子さんに握らせていた。

7) 2回目の犯行があったとされる時間帯の後、関根医師がA子さんの病室を訪ねた時、ベッドサイドにA子さんの母親がいた。関根医師が「ちょっと診ますから」と言うと、母親はカーテンの外に出て、そのすぐ側に立って待っていた。診察に要した時間は20秒以内。触診したのは手術をした右胸だけである。その間、ナースコールはなかった。関根医師が部屋を出る際、看護師が定時の巡回を行っている。この後、関根医師は病室には寄っていない。

8) 関根医師は、手術前にマスクをつけていない状態で、手術する右胸の写真を撮ったり、手術部位のマークをつけたり、術後も触診をしたりしているので、唾液の飛沫やDNAが付着したりすることはあり得る。

9) すでにA子さんの左胸の検体は採取が済み、病院に対しても2度の捜索差し押さえが行われ、隠滅するような証拠は残っていない。警察は、少なくとも平成28年7月から8月25日の逮捕に至るまでの間、関根医師を尾行しており、同医師がA子さんに接触していないことも明らかである。

10) 妄想によって患者が被害を申告するだけで医師が逮捕されるという事態が許容されれば、男性医師の萎縮を招き、医師減少、診療差し控え等で女性関係の医療現場は重大な打撃を受ける。

勾留理由開示公判とは

勾留理由開示公判は、勾留中の被疑者・被告人をいかなる理由で勾留決定したかを、裁判官が公開の法廷で明らかにする手続き。ただし、弁護人によれば、勾留の決定をした裁判官が出てくるとは限らず、今回の高島裁判官は勾留の決定をした裁判官ではない、とのこと。




病院のHPに抗議文が掲載されています。
警視庁による当院非常勤医師逮捕の不当性について抗議する
http://yanagihara.kenwa.or.jp/statement.html



この状況で立件してしまう警察もすごいです。





警察があまりに非常識なことをやっていると、

手術後、医師が患者さんを診に行けなくなってしまいます。

術後の診察は非常に重要ですが、

警察が踏み込む危険性があるのなら、

医師は患者さんを診ないほうが安全です。




警察はこの逮捕で、

医師は完全に疑いがない状態においてしか

術後診察を行ってはいけない、

と言っているのです。




術後診察に、警察官か弁護士が立ち会わなくては

いけないのでしょうか?




診察の時に、患者さんの母がいてもダメ、

犯行時間に看護師をナースコールで呼び出していてもダメ、

しかもその時間には医師がいなくてもダメ、

病室に戻った時に

「ふざけんなよ」「ぶっ殺してやるからな」

と言っている患者さんに

我々医療関係者は一体どうしたらいいのでしょう?




この事件に関して、

もっと医療関係者の意見が出てもいいと思います。

手術をしている先生方、危ないですよ!







ご参考になりましたら幸いです。

当ブログ 関連記事
■あ、やっぱり!?「「医師逮捕は不当」病院が抗議文-警視庁に釈放など要望」: 追記あり



当ブログ オススメ記事
■[随時更新]読み放題!キンドルアンリミテッドKindle Unlimited オススメまんがを見つけよう!![読み放題]

■[随時更新]1巻で完結するオススメ漫画[一巻完結]

■[随時更新]3巻以内に完結するオススメ漫画[二、三巻完結]

■[随時更新]12巻以内に完結するオススメ漫画[十二巻以内・完結]



【勤務医開業つれづれ日記・2 はじめての方はこちら】


ブログ人気記事

■肝内胆管癌について「“とんでもない医者”との出会いも……川島なお美、がん手術決意するまでの葛藤明かす」「川島なお美さん、手術後は抗がん剤治療拒み民間療法」

↓1日1回、クリックお願いします!↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ